USBストレージ使用時の問題点と対策

データのやりとりで便利なUSBストレージこそ、情報漏洩が心配です。 予期せぬ盗難や紛失等のアクシデント、USBストレージを介したウイルス感染対策が必要です。 弊社の「発見伝Select」なら、USBストレージを介して起こる様々な情報漏洩問題を対策できます。

USBを利用した情報漏洩対策は「 発見伝Select 」におまかせ。 → 

【問題点1】USBストレージの盗難紛失

対策:データの暗号化で解決

USBメモリーが第三者の手に渡ってしまうと、保存してある情報が漏洩する可能性があります。 ですが、データを暗号化しておけば、万が一紛失や盗難にあっても、USB内のファイルを閲覧する事はできません。
※使用するUSBは、市販のUSBメモリで対応可能です。(SONY,TOSHIBA,ELECOM,BUFFALO 等)
暗号化処理

【問題点2】USBストレージ経由でウイルス感染

USBメモリでウイルス感染する仕組み

ウイルスに感染したUSBメモリがPCに接続されると、ウイルス自身のコピーをPCに自動作成されます。 そのPCに接続した別のUSBメモリも次々と感染
USBメモリでウイルス感染する仕組み
ウイルス(不正プログラム)に感染したUSBメモリをPCに接続すると、ウイルス(不正プログラム)が自動的に起動し、接続した瞬間にウイルス自身をコピーして、自動実行ファイル「autorun.inf」を作成します。
そして感染PCに別のUSBメモリを挿すとまた...と次々に感染が引き起こされてしまいます。

対策:自動起動(オートラン)の無効化で解決

データのやりとりで便利なUSBストレージも、複数のPCで共用しているとウイルス感染が心配です。


発見伝では、USBストレージ(CD・DVDを含む)接続時の自動起動(オートラン)を無効化し、「マルウェア」からのウイルス感染を防ぎます。
自動起動(オートラン)の無効化で解決

【問題点3】USBストレージを使用して個人情報漏洩

対策:使用できるUSBストレージを読み出し専用にして解決

USBストレージを書込不可(読み出し専用デバイス)とする機能

USBストレージからの情報持ち出しを防ぐ為に、USBを書込不可(読み出し専用デバイス)とする機能を備えています。


※使用するUSBは、市販のUSBメモリで対応可能です。
(SONY,TOSHIBA,ELECOM,BUFFALO 等)

USBストレージを書込不可(読み出し専用デバイス)とする機能

オプション画面の「USB書込み」を、「無効」にチェック。

【問題点4】USBストレージを使用して持ち出した情報が何か分からない

USBストレージを使用して持ち出した情報が何か分からない

対策:ファイル操作監視ログにて把握

すべてのファイル操作がログ出力されるので、後から確認できて安心です。
ログはCSV出力されます。

ログに出力される操作

  対象となる動作 経 路
USB ・ファイルの新規作成
・コピー
・名前変更
・削除
・USB接続されているPC本体
・Windows(ドメインサーバー)
・Linux(sambaサーバー)
・NAS(Network Attached Storage)
・リモートデスクトップ
ディスク ・ファイルの新規作成
・コピー
・名前変更
・削除
・Windows(ドメインサーバー)
・Linux(sambaサーバー)
・NAS(Network Attached Storage)
・リモートデスクトップ
・インターネットからのダウンロードファイル
・PC本体
・メール添付のファイル

※ログの保存期間は3、6、12ヶ月の何れかを選択しサイクリックに保存されます。

ログに出力される操作

【問題点5】情報の持出を禁止しているが、守られているか心配

対策:USBロックと、内蔵型デバイスの無効化で解決

PCのUSBポートをすべて利用不可にします。

PCのUSBポートのロックは、オプション画面の「USBロック」機能から設定できます。


半角英数字8桁以上のロックパスワードを入力して下さい。

USBロックと、内蔵型デバイスの無効化で解決

内蔵型デバイスの無効化。

内蔵型デバイスの無効化 デフォルトではCD・DVDやSDカード等の内蔵型デバイスを使用出来ますが、 「内蔵型デバイスの無効化」をオンにすると内蔵型デバイスをすべて禁止する事ができます。

内蔵型デバイスの無効化

※ノートパソコン利用時の注意

内蔵型のSDカードやメモリースティックは、発見伝Selectインストール時にはご利用が出来なくなります。(強制シャットダウンが行われます)

【問題点6】すべてのUSBストレージの禁止は不便

情報漏洩を防ぐためとはいえ、すべてのUSBデバイスを禁止するのは業務上不便を感じます。

対策:許可されたUSB(セキュアリストに登録済)を利用して解決

許可されたUSB(セキュアリストに登録済)を利用して解決
USBストレージをセキュアリストに登録すると、登録されたUSBストレージのみを使用可能なように設定できます。

セキュアリストに登録されていないUSBストレージがポートに差し込まれた場合、警告音が鳴りUSBポートにロック及び強制シャットダウン処理が行われます。
※セキュアリストとは、利用許可されたUSBストレージが登録されたリストを指す。

すべてのUSBストレージの禁止は不便

USB使用時の心配事は「発見伝Select」におまかせ!

発見伝Select
データのやりとりで便利なUSBストレージこそ、情報漏洩が心配です。 予期せぬ盗難や紛失等のアクシデント、USBストレージを介したウイルス感染対策が必要です。

弊社の「発見伝Select」なら、USBストレージを介して起こる様々な情報漏洩問題を対策できます。

USBを利用した情報漏洩対策は「 発見伝Select 」におまかせ。 → 

ラインナップ

  • 発見伝 Select Ver2 / セレクト バージョン2

    対象 金融機関・省庁
    特徴 USBストレージからのデータ不正持出しを見逃さない!
    料金体系 ライセンス料金 (保守料金あり)
    対応OS
    • windows7
    • windows8
    • windows10
  • 発見伝 Notice / ノーティス

    対象 中小企業・教育現場
    特徴 USBストレージのファイルを暗号化。盗難や紛失時も安心!
    料金体系 ライセンス料金/年間 (保守料金含む)
    対応OS
    • windows7
    • windows8
    • windows10
  • 発見伝 Notice Business / ノーティス ビジネス

    対象 金融・医療・SI企業
    特徴 Wi-Fi、BlueTooth、LANなどのネットワークを常時監視し、管理者によるログの一括管理。
    料金体系 ライセンス料金/年間 (保守料金含む)
    対応OS
    • windows7
    • windows8
    • windows10
  • 発見伝 Notice Business ACADEMIC

    / ノーティス ビジネス アカデミック

    対象 教育委員会・学校
    特徴 文部科学省「教育情報セキュリティ」ガイドライン対応。
    料金体系 初期設定費+月額サービス料+保守料金
    対応OS
    • windows7
    • windows8
    • windows10

製品版と同じ、全ての機能がご利用になれます。

15日間無料で体験する